現在は公設の子ども家庭支援センターに勤務。
親子遊びの提供や、育児相談を受けています。

佐久間みかさんは、保育士として30年のキャリアをお持ちです。
そして、公立の学童保育の指導員を20年もされています。

さらっとお話しする中で、育児について、教育について
決して押し付けることなく、その方にあった指導をするんですよね。

それも経験で培った「傾聴力」からきています。
実績のあるキャリアから、具体的なアドバイスもありますが、
マインドの部分に寄り添ってお母さんの選択を見守る感じです。

こんな佐久間さんに対して、
私は、ブログのタイトルのアドバイスをさせていただきました。

「親と子を育てる アドバイザーが語るブログ」と提案しました。

育児コンサルのように、ガシガシ言うのではなく、
寄り添いながらお母さんとこどもを見守る姿です。

デザインは、佐久間さんの「理想のあり方」に近づけるため
寄り添ってアドバイスのテーマにしました。

木目調のカフェで、傾聴する姿を取り入れ
ガーベラの花が優しく包み込むイメージです。

 

 

■デザイン室 はやま紺をなぜ利用しようと思ったのですか

紺さんの人柄。そして、他の人のブログデザインが良かったから。

■ご利用されてのご感想

紺さんのお仕事が早い。そして、私のイメージを的確にとらえて、良い作品に仕上げてくださる。他の人の結果(作品)しか見ていないのに、紺さんとの仕事の流れはこうなるだろうな? って言う期待通り。安心感がありました。