保健師として約20年
子育て中のママと赤ちゃんや子どもに関わる仕事をしてきた小関さん。

今回のホームページは、小関さんの立ち位置を明確にすることでした。
赤ちゃんマッサージの「 インファントマッサージ」を主に指導していましたが、お話を伺うと、ダウン症の赤ちゃんや、医療的ケアの赤ちゃんにも触れる楽しさを感じる「触育」を指導。

通われているママやパパさんに、もう少し間口を広げるように、名称の変更を提案させていただきました。「赤ちゃん保健室」は、保健師の経験を活かした小関さんの伝えたいことがたくさんあるメッセージです。この位置付けで小関さんの背中を後押しするカタチになり、新たな出発をお送りしました。今後の活躍が楽しみです。

このようなイメージにて、ブランドロゴカラーを軸にして、コンテンツ構築をさせていただきました。

<制作プラン>
・デザインHP制作プログラム
(企画・構成・ライティング含む)
・デザインレイアウト
・SSL暗号化問い合わせフォーム
・SEOプログラム
・レシポンシブ(スマホ画面)プログラム