最近は、オンリーワンサロンアカデミーの
受講生さんと頻繁にやりとりする日々が続いています。

そんな受講生から
「熱量」を感じた報告をもらい
嬉しいなぁ〜とっ感じています。

ブランド構築の原点は、想いです。

「想いは熱量と比例していること」

私がブランド構築をする中でもっとも力を入れているのは、
「熱量を見つけ出す」ことです。

熱量というと、みなさんは

「すごく商品を想うこと」
「売上を意識すること」
「熱い想いをもつこと」

など思っていらっしゃる方多いのでは?

答えはノーです。

中には、本当に
「私の想いは半端ないから言語化して」

なんて言われますが、
たとえ言語化しても、うまくいきません。

想いを「自分本位」などから作っても
見破れますからね。

お客様の立場を考えた、想いからくる熱量は、
人の心に形を残すものなんです。
熱量が高ければ高いほど、
高い質を形成され人の心に響ききかせます。

「芸術は爆発だ」で知られる岡本太郎は
「芸術の形式には固定した約束はない。
 技術の進歩に応じて時代毎に常に新鮮な
 表現をつくっていくべきである」と
 主張しました。

そして、もっとも響いたものは、
岡本太郎は「あなたの職業は何か」と
聞かれた際に
「人間だ」と答えたそうです。

想いの先は「人間」です。
岡本太郎は、爆発した想いを熱量に変えて伝えてきました。

この人こそ、ホンマもんの熱量を持っていると感じましたね^^

そんな私も「人間」にコンサルをしていますから真剣勝負ですよね。

潜在意識に集中して
いろいろなところからアプローチし刺激させ、
想いを引き出しトレースをしています。

想いを確立させる源泉を見つけて、
「立ち位置」を伝えると、
ほとんどの人が変わります。

「スイッチが入る」
ということなんでしょうか?

スイッチが入るとどうなるかと言うと
ブレなくなるんですね。
だから、長く起業ができる。

そして悩むことが少なくなります。

誰に会っても、一貫した想いを伝えられる。
想いが確立できれば、真っ直ぐに進むだけ。

先日は、個人コンサルをしているスピリチュアルな方を驚かした模様です。

ここまでは入ってこさせない感情にも、
すんなり入ってコンタクトとるので
驚いたみたいです(笑)

オンリーワンサロンアカデミーも、
個の集まり、一人一人違うからこそ、
いろんな角度から、
その人の中の掘り出しをやっています。

想いを確立したら、
自分の行動と一緒に伴走することで
発信力が変わってきます。

これができなければ、
想いの源泉を見つけ出しても
沸き続けることは出来ないですね。

そこが分かれ道にもなってきます。

こんな方たちの役に立ちたいと思っています。

1)
すでにやっていることなんだけど
お客様に気持ちが届いていない

2)
とても素晴らしい商品をもっているのに
想いを言語化していない

3)
今まで学んできたことを
自分がつたえるのに躊躇している