購入者に検索されやすい・商品の魅力がきちんと伝わるなどは、
商品やサービスについて詳細に書く記事の他にもさまざまな形式の記事を織り交ぜることによりキーワードも増え集客も見込めます。

読まれる商品紹介の作り方

商品紹介をじっくり考えたことありますか?

魅力的なタイトルをつけたいんだけど、なかなかいいのが浮かばない・・・・
なんとなく「これで伝わるだろう?」と思っているなら、
ちょっと考え直してみてほしいです。

あなたが、何かの専門家なら
おそらく専門用語を多用に使っているかもしれません。

しかし、

知りたいのは、「専門知識」ではありません。

ポイント

1.売り手目線の説明では、お客様に響きません。
2.お客様が知りたいのは「専門知識」ではありません。

商品やサービスを作っている人たちは、「そのジャンルの専門家」ですから、
自分たちの知識や経験が一般の人たちとの欲求とかけ離れてしまっている

このことに気がついていないことが多いです。

例えば、

美容家のあなたが、酵素ジュースを販売するとしましょう。

年齢と共に、消化機能は減少します。
消化酵素の働きにアプローチした酵素ドリンクで、より分解された栄養素で、体のエネルギーを取り直そう。
朝ごはんの代わりに酵素ドリンクを飲むだけ。
これだけでも排泄効果を上げるので、体の中の老廃物が排出され、腸内がきれいになり、体が軽くなります。

お客様は、「私にとって何がいいのかな?どんな役に立つの?」

「売り手目線」「お客様目線」に書いていくことが大切です。

【ベネフィット】を入れると良いです。

「ベネフィット」というのは「便益」のこと。

・相手にとってなんの役に立つのか?

・相手にどんなメリットをもたらすのか?

・相手のどんな問題を解消できるのか?

これらをタイトルに入れ込みます。

専門的な説明や技術的な用語を、
実際にお客様が話している表現に合わせて、書いていくことで共感がされやすくなってきます。

2つ目のポイントは、

1から10まで読んでくれない

文章を読みときの男と女の違い

男性は、書かれている文章を順番に論理を追って読む傾向があります。
女性は、全体を見ながらさっと、興味があるところだけにしか読まない傾向があります。

セールスライディングには、
3つの壁があることを知ってください。

「読まない」
「信じない」
「行動しない」

広告や商品説明は、読みたくて読まれるものでありません。
最初から信じていることもありませんので、
心が動いてもすぐに「行動する」は少ないです。

基準は、

「自分に関係ありそうか」

女性は「見出し」と「写真」だけで判断することが多いです。

つまり、飛ばし読みをしていることを知りましょう。

商品紹介は、全部読んでもらえない前提で
「見出し」だけで興味を引くように工夫する

 

3つ目のポイントは、

「顔が見えるような接客をすること」

インターネット上の買い物は、「人の顔」が見えません。

心理的距離が遠いほど、人の気配がほしい。

売り手側も買い手側も「画面の先」に人がいることを忘れがちです。

お客様のお問い合わせや、質問などを画面に掲載したり、
店舗様の「面白ニュース」「つぶやき」「商品を作成していく過程」など
何でもない日常の光景も入れてみると良いです。

商品説明に、ただ売るだけでなく、
リアルな感情を入れることで、お客様の気持ちに近づいいき
人の気配を感じることで安心感を与えることができます。

人間関係が希薄になっている時代。

SNSが盛んになっているのは、「人の気配」「お互いの顔が見える」ことで
ファンを集めています。しかし、SNSの情報は流れにくいです。
明日、またじっくり読もうと思っていても、探すのに時間がかかってしまいます。

ホームページは、いつでも見たい時に、情報を提供しれくれます。

ホームページで「お互いの顔が見れる」工夫をすることで、ファンになりネットのシェアもしてくれることがあります。
お客様に信頼され、親しみを持ってもらえる「人間くさい」情報をぜひ、積極的に発信していきましょう。