新しい景色をつかむブランディング

初めての方へ
ご案内
note
お問い合わせ
豆知識

ユーザーの気持ちを知る「UXライティング」が熱い!

UX(ユーザーエクスペリエンス)とは利用者の体験を指し、商品の購入や利用を通して得た体験のことを言います。

その体験を実現することで、共感がしやすく購入する意欲を高めるために言葉を使っておこなう手法を、UXライティングといいます。

主にすることは、利用者の行動、思想を予測し、先回りして言葉を考え、配置などいろんな設計を作成します。

このように利用者の立場に立ち、その目線で考え、深く寄り添い、そして手助けをすることで信頼性を掴み取ることにつながりますね。そうすることにより、利用者から使い続けてもらえる可能性を高めることができ、企業からのニーズも高まりますよね。

また、この活動が新しい職種としても注目されており、専門にライターとして働く方が増えています。

「言葉」をデザインするポジション

言葉をデザインすることによって、与える印象を強めることができます。

ただ硬い、機械のような言葉遣いをしても利用者の興味を惹くことはできませんよね。

分かりやすく、ユニークな言葉をチョイスし、うまく誘導することができれば、また利用したいと思うことにもなり、リピートしてくれる可能性が高くなります。

例えば、通販サイトを開いたら
「今、あなたの他に3人の人が見ています。」

これもUXライティングのひとつで、共感を得ることができ、商品を買わせる意識をもたせる手法ですね。

フレーズを変えたり追加することで、共感や意欲を高める効果が見込めます。
このように、UXライティングは言葉をデザインするという役割を担っています。

意識次第で変わる

言葉のデザインを常に意識してライティングを行うことができるかで、言葉の質が変わってきますね。

意識しないと、自分だけにとってわかりやすいものとなってしまい、ターゲットとなる利用者に、伝わらないものが出来上がってしまいます。

そうならないためには、意識を変えてみるだけで出来上がりは変わります。

しかし、意識するときに間違った捉え方をしていると、全く目的のものとはかけ離れたものが出来上がりますよね。正しい情報を集め、利用者にアンケートをとったり、テストを繰り返したりと、利用者のニーズを正確に把握することを意識することが重要です。

UXライティングがユーザーとの距離を縮める

国内ではこのライティング法が需要性を増している傾向にあり、海外でも同じことが言えますね。

今後も発展していくネット社会のなかで、これからネットで働く方も世界的に増えていくでしょう。それに伴い、ネット上でやりとりする機会も増え、利用者とあらゆる接点があるUXライティングはこれからの時代に必要なものになるでしょう。

関連記事

Web

個の時代

PAGE TOP