豆知識

EC戦略とは

EC戦略とは、インターネットショップの売り上げを向上させるための方針です。ECサイト(インターネットショップ)では、「サイトに訪れた人の数×訪れた人のうち購入した人の割合×客一人当たりの購入金額」で売上額が決まります。

このため、「一人でも多くの人をインターネットショップに呼び込む」「一人でも多くの人に購入してもらう」「一人当たりの購入額を高める」の3つが戦略の要となります。

今日はEC戦略は、覚えておくと良い内容を紹介しますね。

EC戦略のポイント

・インターネットショップへの集客

一人でも多くのユーザーを呼び込むためには、検索サイトから誘導するためのSEO対策、リスティング広告やネットワーク広告など、さまざまな手法があります。その中でも低コストかつ高い効果が期待できるのが、Instagramによる集客です。

画像によってコミュニケーションを行うInstagramは、物販を行うインターネットショップとの相性が抜群です。入荷した商品の画像をInstagramで詳しく紹介することで、ユーザーはその商品の利用シーンを具体的にイメージできますから、購買へとつながりやすいのです。

例えば、洋服を販売するインターネットショップなら、その商品単体の画像だけでなく、実際にスタッフが着用している画像を紹介することで、臨場感が格段に上がります。襟元や裾の部分など特徴的なパーツをアップで見せる、同一スタッフがサイズ違いを着た画像を紹介して、MサイズやLサイズなどのサイズ感を確認しやすくするなど、画像を使ってさまざまな訴求が可能ですよね。画像だけでなく動画も活用すれば、よりストレートに魅力を伝えられることでしょう。

・ユーザーが購入したくなる仕組み

一人でも多くの人に買ってもらうためには、インターネットショップのデザインを可能な限りシンプルにすることです。購入方法が直感的に理解できる、わかりやすいユーザーインターフェイスを目指しましょう。

購買方法や支払い方法がわかりにくいと、その時点でユーザーがサイトから離脱する可能性は高くなります。凝ったデザインよりもわかりやすい購入ボタン、商品を検索しやすいデザインなどに注力しましょう。

・客単価を高める

客単価を高めるためには一度に複数の商品を購入してもらうのが有効ですが、リピーターを増やすことでも顧客一人一人の単価を上げることができます。SNSでファンを増やすなど、インターネットショップに何度も訪れたくなる仕組みを構築しましょう。メールマガジンでおすすめ商品やセールの案内などの情報を送るのも効果的です。

SNSで売り上げアップ

コロナ禍で外出の自粛が続き、インターネットショップがより身近なものとなりました。競合するサイトに差を付けるために、Instagramをうまく利用して魅力的な情報を発信する、買いやすいインターネットショップのデザインを目指す、一度訪れたお客様を手放さない仕組みを構築し、売上げアップを目指しましょう。

TOP