豆知識

ブランド価値の高め方

利益率を安定して高めていくためには、自社の持つブランド力を高めていく必要があります。

「このブランドなら安心して購入できる」
「このブランドの商品を持っているとステータスになる」
「このブランドなら少々値段が高くても納得できる」
など、

ブランドの良いイメージがユーザーに浸透すると、必要以上に広告にコストをかけなくても、ユーザーの購買意欲をかきたてることが可能です。

ブランド価値を高める方法は数多くありますが、自営業や副業などごく少人数で行うビジネスの場合は、多くの費用を掛けられないのが現状ではないでしょうか。このようなケースで最も有効な手法が、SNSを活用したマーケティングです。

SNSを活用したマーケティングのポイント


SNSは、ブランディングを高めるための極上のツールです。ユーザーがいいね!やリポストなどで、他の人たちへ拡散してくれるからです。費用を掛けずに多くの人に情報を伝えることができ、宣伝価値は計り知れません。

しかし、そのためにはユーザーが「拡散したくなる」情報を発信する必要があります。どのような情報なら「他の人に伝えたい」と感じるのか、ユーザーの心理を把握しておくことがSNSを成功させるための最大のポイントと言えるでしょう。

ユーザーは、次のような情報に接したときに、他の人にも知ってもらいたいと感じます。

1つ目は「感動する」ことです。その情報に接して心が動かされたり、ハッとする気づきがあったりした場合、その感動を他の人にも伝えたくなります。

2つ目は「タメになる」ことです。知って得をする、役に立つ情報は、他の人にも教えたくなります。

3つ目は「自慢できる」ことです。「自分はこんなレアな情報を知っている」「こんな情報を知っている自分は、カッコいい」など、自分の価値を高められる情報もユーザーにとって価値のある情報なのです。

私たちはブランド価値を高めることばかりに注力しがちですが、ユーザーの価値を高めることへの配慮も不可欠です。なぜなら、SNSはこちらから一方的に情報を発信するツールではなく、ユーザーとのコミュニケーションによって成り立つものだからですね。

今やブランド価値は提供者側だけの力で高めていくものではなくなりました。これからはユーザーと共に育てていく時代です。ここを理解する事で、あなたのビジネスは格段にランクアップしますよ。

SNSとホームページの導線を作ろう

また、SNSをブランディングイメージの向上に役立てるためには、SNSと平行して、ブログを定期的に更新するのも効果的です。SNSでは文字数が限られていますが、ブログならある程度まとまった文字数の文章を掲載することが可能ですね。

さらにブログは、探しやすい利点があります。SNSの場合、たくさんの情報が流れていきますので、あの時良かったけど、もう一度見たい、確かめたいと思っても探すのに時間がかかる場合があります。

また、SNSの中では、文章を読むのは苦手というユーザーや、もっと気楽に情報を知りたいというユーザーのために、YouTubeなどの動画SNSを活用するのは、お勧めです。動画は感情移入しやすいので効果は絶大ですね。

SNSから自社のホームページやブログへと誘導する仕組みを確立し、購買へとつなげましょう。

TOP