起業のマインドって何?

起業や会社に勤めている先で「マインド」っと聞くことは多いのではないでしょうか

起業塾に行くと、必ずマインドという言葉も出るくらいに、
今やいろいろなシーンで取り上げられていますね。

何故こんなことになっているかというと

マインドを整える=起業家として成功
という事が多く掲げられているからでないでしょうか?

Facebook、ブログには「マインド」のキーワードも多く使われています。

ただし、この「マインド」が正しく問われている内容は少ないのが現状です。

間違った「マインド」に囚われて、
多くの方々が、これに動けない事実があります。

例えば、
エステサロンで綺麗になってほしい、
英語を教えたい、
自然化粧品を使ってもらいたい

お客様に何かを提供する時に
間違った「マインド」が先にきてなんだかおかしなことになっていませんか?

間違った「マインド」とは、
起業家の成功者から、「マインド理論」を聞けば
右に習えで、ほとんどの人が聞いてしまうもの。

自分の価値観と違う「マインド」を従順していること。

この「マインド」は、自分のものでなく
「他者」から借りてきたものになりがちです。

もちろん、成功者の「マインド」を真似する事が近道ということも否定しません。

しかし、マインドの定義を自分に中に落とし込めていないまま、起業している人が多くいます。

結果、起業が長続きできなく、足踏み状態でとどまっている声をよく聞きます。

「マインド」は、自分自身を現す

あなたの思考から作られる事で、マインドはあなたの指標になります。

正しくなあなたの思考から作られた「マンイド」は、
起業を継続させるためにもっともな発揮をします。

あなたの思考から作られる「マインド」はどのように発揮されるかを話したい。
起業のマインドとは
前述で話したように、巷には「マインド」というキーワードが溢れています。

起業において「マインド」に問われていると
「立派なマインドを持っていないといけない」
「あの成功者が言うマインドを自分にも取り入れないといけない」
「起業塾で教えられているマインドを引き込もう」
に囚われがちです。

その「マインド」に洗脳されて、起業でうまくいかない時に
自分を見失うという苦しい現状にぶち当たる

これが、起業において悪循環になり、
セミナージプシーになったり、
かたや売れるものを探して次々と新しいサービスを広げる
事になりがちです。

しかし、起業マインドのベースは、
もっともシンプルに考えるあなたの思考が原点です。

「起業するのは、誰ですか?」

あなた自身の思考が整理される事が「あなたの起業のマインド」につながります。
自分の思考から生まれるマインドとは
「働く」って、誰のため?何のため?
このステップがもっともシンプルかつ重要な事です。

つまり
・誰のため?
・何のため?

ここから掘り下げていく事で価値感の底辺が出来上がり、
起業において積み上げるステップが踏めるのです。

売上を上げる、ビジネス視線などよりも、
お客様がいる事で成立する思考を考えないといけないわけですね。

お客様を相手にするには
自分の売り「価値観=思考」を確立させる事が重要です。

価値観とは「大事にしているもの」のことです。
他人の価値観はマインドを混乱させる
例えば、

元々「英語に興味がない」という価値観なのに

海外に行くなら「英語が話せないといけない」という知人の価値観に洗脳されて、
海外留学をして、日本人のいないところに黙々と英語を勉強する。

1年経って日本に帰国。
結果は「英語が話せていなかった」

人から言われた価値観に引きずられているので
結局、自分のものになっていなかった。

未経験だからこそ「他人の価値観」に引きずられやすい。

未経験だと、知らない事の先入観で、
比較しなかったり、リサーチを省いてしまいがちです。

結局、このまま進んで行くと、
自分がどこに向かっているかわからなくなり
結果が散財になってしまう。

そして、大幅な時間をリスクをおってしまいます。

未経験に陥る、他人の価値観の依存は
あなたのマインドを混乱させます。
自分の価値観でマインドを明確にする方法
自分の適性はどのようなもかを
確実に知ることが価値観を明確にしていきます。

・誰のため?
・何のため?

これに、あなたの「大事にしているもの」を共存させることで
あなたのマインドを明確にしていきます。

「大事にしているもの」は自分を知って行く事で見つける事ができます。
安易な思考でなく、深く自分を掘り下げてみてください。

自分自身を徹底的にリサーチしてください。

この価値観こそ、あなたのビジネスの重心になるのです。

ビジネスは、競合ある世界です。

自社で取り扱っている商品やサービスがニッチな市場をターゲットにしているとしても、
世の中は既に多くの競合が存在していることがほとんどです。

売上を左右するには、他とは違う「自分の売り」で差別化を計らないと生き残れません。

あなたの価値観というものを提供する事で、
「差別化」は生まれ、
あなた自身のマインドにシフトして行くのではないでしょうか。

まとめ

最後に今回のまとめをお話しさせていただきます。

自分で作られた「マンイド」は、起業を継続させるためにもっとも発揮をします。

・誰のため?
・何のため?

これに、あなたの「大事にしているもの」を共存させることで
あなたの価値観がマインドを明確にしていきます。

価値観こそ、あなたのビジネスの重心になり
この思考がマインドをシフトして行きます。