豆知識

何故、ストーリーブランディングが必要なのか

昨今、情報化社会といった言葉ができるほど、以前と比べると情報の量が増えていますよね。
特に、インターネットが普及してからは加速しており、私たちの身の回りには情報が溢れています。

その状況のなかで、広告や宣伝をおこなうときに平凡なものでは、人を惹き付けることは難しいでしょう。

そのようなときに、製品やサービスのストーリーを発信することで、共感を得るおよび興味を持ってもらう、記憶に残るなど効果が期待できます。

そうすると、ビジネスなどでは購入を促進する効果や、口コミで広がる可能性が高くなります。ストーリーはユーザーの心象に強く残りやすい傾向があり、リピーターの獲得にもつながりやすいんです。

人の感情を動かす力ストーリーブランディングとは

製品やサービスにまつわるエピソードやビジョンを明確に発信することで、ユーザーからの共感を得ることができ、商品の購入などにつながることがあります。

このように、感情に訴えるため物語を活用するマーケティングの手法をストーリーブランディングといいます。

例えば、「腰痛に悩んでいた開発者が、試行錯誤を重ね開発したクッションです」という物語を発信すれば、同じような経験をした方は共感ができ、購入する意欲が高くなる可能性があります。さらに、詳しい情報を追加していくことで信頼性をより高める効果や、共感する人の幅を拡げることが可能ですね。

ストーリーが生み出す効果とは


本を読んだときや、映画やドラマを見たときに感動した経験がある方も多いでしょう。
このように、ストーリーには人間の感情に訴えかけ動かす力があります。

感情が動いた事柄はより記憶に残るため、認知度を上げる効果があります。

また、共感したことには親近感を持つため、信頼性を高める効果にも期待できますよね。

人間はこれらの感情を抱いたときには、他者と共有したいと思うことがあります。
すると、口コミなどによる宣伝の効果も期待でき、顧客の獲得につながります。

感情を揺さぶろう

物語には、人の感情を動かすほどの強い力があります。
このような感情は、いつまでも記憶に残り、また欲しくなるものです。

この力をビジネスにも活用することができれば、新規の顧客やリピーターの獲得への効果が期待できますね。
また、その結果として業績を向上させる可能性も高くなります。

ただ、平凡な物語では効果が薄くなってしまいますよね。効果を高めるためには、感動や共感することができるようなブランディングストーリーが必要です。見識を深め、効果的なブランディングをしましょう。

TOP